ホーム
この街
イベント
防災
ハートピア
市民センター
丘陵支部
比企点描
ねっと訪問
丘陵知恵袋
福祉活動
 
RSS
2018.8/15更新

 

ねっと訪問>

創立30周年を迎える白山中学校を今年度もよろしくお願いします!

                     東松山市立白山中学校 飯島富保


 白山の丘に花の香りあふれる季節の中、平成26年度白山中学校の教育活動が始まりました。白山中学校2年目になります校長の飯島富保と申します。昨年度は、子ども達のがんばり、保護者の協力、地域の皆様のご支援、教職員の熱意ある取り組みにより多方面にわたり成果をあげることができました。ありがとうございました。
 平成26年度、新1年生39名を迎え、全校生徒118名(1年39名:2学級、2年40名:1学級、3年39名:1学級)が、それぞれの思いを胸に秘め、希望に満ちたスタートを切ることができました。本校は今年度以下の方針に基づき教育活動に取り組んでまいりますので、今年度もご理解、ご協力、ご支援よろしくお願い申し上げます。
【学校教育目標】『志を持った調和のとれた人間の育成』
【めざす生徒像】
   考えて行動する生徒 (知育) 
   ・正しい判断力と自律心を持ち自主的に取り組む生徒
  ・高い目標を目指し物事にチャレンジできる生徒
  ・勇気と希望を持って最後までやり抜く生徒
  思いやりのある生徒 (徳育)
  ・相手の人権を尊重し温かい心を持ち互いに高め合う生徒
  ・規律ある態度と奉仕・感謝の心を持ち協力しあう生徒
  ・相手の立場を受け入れ謙虚に学ぶ広い心を持つ生徒
 3 健康で明るい生徒  (体育)
  ・心身ともに健全で意志が強く忍耐力がある生徒
  ・自己の健康・望ましい食生活と安全への配慮ができる生徒
  ・勤労と奉仕、自己の責任を理解し積極的に取り組む生徒
【めざす学校像】「信頼関係を築き、共に学び合い、鍛え合える学校」
  教育という営みは互いの信頼関係の上に成り立ちます。また、学びは自ら求める所に成り立ちます。学校では、全職員が力を合わせ、一人一人の子どもを愛情と期待と厳しさを持って教え育てています。この行為そのものが子どもや保護者・地域の皆様の信用を生み、やがて信頼へと高まっていくものではないかと考えます。そしてそれぞれと良好な関係をつくる基本は、子ども達に夢を持たせ、学力・体力をつけさせ、人間関係づくりを身につけさせることだと考えています。
  学びは、個人の中に成立しますが様々な知識・技能を有した個性の違う者の集まる 学校という集団の場では、共に学び合うという意識を持つことでさらにその学びの場 を広げることができ、深めることができます。生徒を学びの主体者として位置づけ、また、教職員も自らの資質を向上させる学びの主体者として、教職員と生徒、保護者、地域とが信頼関係を築き、共に学び合い、鍛え合える学校づくりをめざします。
 【生徒・教職員の合言葉】生徒:チーム白山・切磋琢磨 教師:チーム白山・厳而慈
 めざす学校像と本校校歌(1番:「若きいのち手をつなぎあう」、2番:「清新の意気 ともにきそいて」)、3番「学び合う白山中学校」という歌詞)を踏まえ今年度も生徒の合い言葉を『チーム白山』『切磋琢磨』、教職員の合言葉を『チーム白山』『厳而慈』にし、結束を強め、生徒一人一人を大切に「良さと可能性」を最大限に引き出し育てる教育を日々努力して参りたいと思います。ご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

       *白山中学校は、今年度創立30周年を迎えます!
 お陰様で今年度、白山中学校は創立30周年を迎えます。30周年を迎えることができますのも、地域の皆様方の支えがあったからこそです。ありがとうございました
昨年度から準備委員会で検討を進め、今年度、「白山中学校創立30周年記念実行委員会」を立ち上げ具体的な取り組みをしていきます。白山中学校の開校記念日である11月13日(木)に記念式典を予定しています。地域の皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

   【校舎北側に掲げられた横断幕】