ホーム
この街
イベント
防災
ハートピア
市民センター
丘陵支部
比企点描
ねっと訪問
丘陵知恵袋
サークル・団体
福祉活動
 
RSS

2018.6/9更新

比企点描 >
 5月6日連休の最終日、高坂丘陵ねっと運営有志、東松山ぼたん園の取材をかねて花見を計画、ショッピング袋に飲み物をつめ、我らが長老の手作りのオードブルをかかえて皆で繰り出した。今までの連休の天気は何処へやら朝から雨模様、会場についてもうボタンも遅いだろうと半分あきらめていたが、広い園内はまだまだ今年のボタン花があでやかに迎えてくれる。一年がかりで手入れをしてきた純白の白花や、赤にピンクを散らしたあでやかな花姿、また、黄色のかぐわしい花たち、まるで私たちを待ちかねていたよう。しばらくカメラのシャッターを押し続け、さて、芝生広場に陣取り重たい袋を開く。
 泣きそうな天気は次第に冷気を帯びて昼頃には3月頃の気温、ミスマッチした天気にもかかわらず渇いたのどを潤し、先輩の手作りの料理を楽しむ。あでやかなボタン花を背景に寒さにもめげず変わった一団だと思われたかもしれない。
 ゴールデンウィークの東松山市民は市花「牡丹」を思い浮かべ、本家の箭弓神社と、もう一つの名所「東松山ぼたん園」に行くのが楽しみな年中行事。9,000株を越えるスケールのボタンを見るには市の中心からちょっと離れているが、一見の価値はある場所です。