ホーム
この街
イベント
防災
ハートピア
市民センター
丘陵支部
比企点描
ねっと訪問
丘陵知恵袋
福祉活動
 
RSS
2018.8/15更新

 

比企点描 >

越辺川

東松山市の南東のはずれ、九十九側と越辺川の交わる正代地域の左岸、10月に入ると曼珠沙華の花が見頃になる。一週間に亘って左岸堤防の法面左右で、

日照の関係で花の見頃に一週間程度の差がある。 早朝のウォーキングコースは、この時期、木々の香りの強い児沢コースからこの堤防コースに変わる。

6時頃、登り始めた太陽が金色の光の矢を雲間から投げかけると、足下をすぎていく堤防道路の左右で、曼珠沙華の群れがあちらこちらで赤く輝き始める。

過ぎ去った年月の向うに逝った人々が、まるで帰ってきたように、このときに燃えさかる。

早朝の空はあくまで澄んで、遠くの雲が赤い火照りに染まり、時も消えていくようだ。

曼珠沙華は不思議な花だ。すっくと白く伸びた茎の上に赤い花弁が激しく燃える。

やがて時がたつと、花弁には白い筋がめだって筋張ってくる。

そして、1週間もたつとまるで燃え尽きた残り火のよう、やがて一面に枯れはてた灰色の群れに変わっていく。

夏の名残の風は、気がつくと突然冷たさ増して、低い太陽の光線も枯葉色をした秋草の中に消えていくのみ。

撮影日 2012.09/29